ヒーロー見参!!

PS:意識より愛をこめて

浅野いにお最新刊『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』!

浅野いにお最新作・最新刊『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の1巻を読みました。ようやくです。

感想としては、

 

浅野いにおさん、化けたな。

 

と、ちょっと褒め過ぎな感じなテイストで。

スゲーわ、『デデデデ(作者公式略)』。1巻にして、最高傑作。とりあえず、僕の漫画史上において、「1巻がおもしろいランキング」はぶっちぎりで1位です。むっちゃおもろい。もちろん、1巻なので「今後の展開に期待」なのだけど、ほんとに期待してる。浅野いにおのいいところ(=僕が大好きなところ)が、これでもか!とばかりに詰め込まれていて、散らかった部屋や侵略してきた円盤とかの細かい描写とあいまって、なんかもう脳が(歓喜に湧いて)処理落ちしかけてた。

装幀について(装幀家・水戸部功 | sphinx)、色々と勉強して記事を書いたので、『デデデデ』の装幀にもニヤニヤしちゃった。まず、手触りがいい。で、『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』という長いタイトルを、透明文字and凹凸文字でいれて、しかも光によって反射する仕様にすることで、浅野いにおのかわいい女の子キャラ(小山門出)を全面に押し出せた。超ポップで、キュート。水色とオレンジの配色っていいね。タイトルのフォントも(なんていう名前か知らないけど)SFチックな雰囲気が漂いつつも、それでいて遊び心のあるようにも感じ、見事に『デデデデ』っぽさを表現してる(と思う)。装幀者は誰だろう。クレジットが見当たらない。…ふと表紙カバーをめくったらコーヒー吹きました。

 

もうね、『デデデデ』はおもしろすぎて、脳汁ブッシャーで完全に機能停止しちゃったんだけど、それでもどうにか言葉にしてみます。

 

例えば、『イソベやん』というドラえもんをパロった漫画が冒頭から始まるんだけど、…こういうのっておもしろいじゃないですか(超ざっくり)作者の名前がイソフラ・ボン次郎とか、未来から来たきのこ人とか、イソベやんがバックになってそれを主人公の女の子が背負ってるとか、そういうのっておもしろいじゃないですか(超ざっくり)LINEのスタンプあったら絶対に買いますよね。

http://comic-soon.shogakukan.co.jp/20140430_dedede4.png

いそべやん(LINEスタンプ化希望)

【ちら見せ】第1話!! 浅野いにお新連載「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」!!!! - コミスン(comic soon)

ドラえもんっぽい絵柄でチープなストーリーが進みながらも、『デデデデ』の物語が始まって、異様なほど描き込まれたゴチャゴチャと散らかった部屋のコマに切り替わるわけですよ。現実に突き落とされるかのような感覚があって、その感覚が病み付きで、『デデデデ』のいいところ、浅野いにおの真骨頂は、ファンタジーとリアルを行き来するときの、この感覚にあるんだと思う。そして、ファンタジーとリアルが混じったときの違和感の描き方もまたむちゃくちゃ癖になる。「なんで、コレとコレが共存してんだよ」って、「ウソでしょ?」って、テンションあがる。

 

http://comic-soon.shogakukan.co.jp/20140430_dedede5.png


【ちら見せ】第1話!! 浅野いにお新連載「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」!!!! - コミスン(comic soon)

 

例えば、『デデデデ』の物語として、映画『宇宙戦争』のような非現実(=ファンタジー)が襲来する。↑

でも、受験間近の女子高生たちの日常も、恋愛という青春を堪能する女子高生たちの日常も、家庭の事情で高校卒業後は「社畜」になると宣言する女子高生も、『円盤』襲来で多くの人が死に、対『小型船』の最新兵器が投入され、人類が一致団結して謎の飛行物体と戦闘を繰り返すという想像可能な展開も、結局どこかで現実であるし、

『円盤』襲来が8月31日でありそれが「8・31」と呼ばれたり、『円盤』は大きな地震と同時刻に出現し、撃退のために米国が新型爆弾「A」を投下し、東京全域で微量の「A線」が観測され始め、政府は「人体に影響はない」と発表し、主人公の母親は「無汚染野菜」を買ってマスクとゴーグルをつけて「汚染されていない集落に移住する」と言い、非常事態宣言が発令されている中で「ちょっとだけ会社の様子を見てくる」と言って外出する会社員(主人公の父親)がいて、「WE ARE THE 地球人」というTシャツを着た人たちが『KIZUNA』という曲で、「あの日を忘れないで日本を元気にしよう」としていたり、社会学者・古市憲寿の『絶望の国の幸福な若者たち』という書籍が作中に登場し、インターネットのまとめサイトには「【8・31】二年前のあの日、お前ら何してた?」とか「画期的なオナニー方法考えたwwwwww」とか「男を振り向かせる10の方法」とかいう記事が上がり、奇跡的に残った観覧車を「奇跡の観覧車」として文化遺産登録にしよう!という声が高まり、日本が最新兵器の開発に成功すると新宿で若者が集って「ニッポン!!ニッポン!!」コールが沸き起こり、「ねぇねぇキホちゃん!!で、ニッポンがなんなんだろうね!?」「…よくわっかんないけどっ!!楽しいから別にいいんじゃない!?」という会話をし、兄はニートであり、『円盤』が沈黙すると人々にとってその存在すらもやがて日常と化したりと、

僕らがいつかどこかで通過してきたような現実が、まるでそれが恍惚感をもたらすフェチズムであるかのように、執拗に、丁寧に、しっかりと描かれている。

 

311の震災のあと、『おやすみプンプン』の93話で、震災復興のボランティアや募金活動の描写が現れ、「…だから、いつ死んでも後悔しないように必死でがんばってきたんじゃないか。あんたみたいに平和な世の中に生かされてた奴とは根本から考え方が違う。放射能なんかにびびって逃げだすくらいなら東京と心中してやるよ」という台詞を登場人物の南条さんに吐かせていたりと、何か思うところがあるのかなーとは思っていたけど、それをガガガッ!と最新作に突っ込んでくることで、その徹底ぶりが鬼気迫るもので、それはむちゃくちゃ重くて不気味な現実感となり、『デデデデ』の物語全体にまとわりついている。

つまり「現実」の描き方が尋常じゃないんだ、過剰性が剥き出しになって、とにかくむちゃくちゃなんだ。超ざっくり言っちゃうと。それはもう『おやすみプンプン』以上に。

 

あとね。そしてね、主人公・小山門出と、もうひとりの主人公・おんたん(本名、中川凰蘭)がいるんだけど、このおんたんがもうぶっ飛んでてむちゃくちゃカワイイんですよ。

 

「手も足も出ないならおっぱい出せ!!」
「そういう事じゃないんだよ…」
「…マジか」
「マジです」

 

こしゃくなッ!!門出さん!!ぶっ殺して差し上げて!!

 

な…なんだってーーーーー!?凛は男色が好き!?あまつさえクラスの男子をオカズに!?貴様それでも軍人かーーーッ!!あいやスマン決して臆することはないぞ!!凛は腐ってなんかいない!!ただただ我々が未熟な青バナナだけなのだ!!バナナナ!!この超高度監視社会に於いて、趣味の多様性は何人も侵す事のできない最後の聖域!!むしろ僕ァ今 最も先進的な友人を持った事を誇りに感じている!!「私は男色が好き」!?自由な性嗜好で結構結構!!むしろ貴様の最萌えカップリングを受け攻め含めて詳細にみんなに解説してやるべきなのでは!?どうした!?胸を張れ赤バナナ!!「私は男色が好き」だと!!

 

 

このぶっ飛びぐあいは『おやすみプンプン』からのお馴染み。

(おそらく)現実的な女の子・門出に対して、非現実でファンタジーな女の子・おんたん。

http://comic-soon.shogakukan.co.jp/20140430_dedede.jpg

このかわいさですよ。(左がおんたんで、右が門出)

http://tobenaibuta.net/wp-content/uploads/2014/04/BmT8OFbCMAAl3S3.jpg

このかわいさですよ。(おんたん)

https://pbs.twimg.com/media/BmT7JTACAAAFAgg.jpg

このかわいさですよ。(門出)

http://33.media.tumblr.com/316cdde639e216d3afa6344801c9e5c7/tumblr_n8tefqSVOE1qb9odio1_500.png

Dead Dead Demons de Dedede Destruction | Tumblr

http://i.imgur.com/3rkyJqW.jpg

吹き戻しで遊ぶ、おんたん。 : 浅野いにお待望の新作単行本発売中「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」 - NAVER まとめ

このかわいさですよ。

 

もうね、おんたんかわいい。んで、むっちゃシュール。惚れる。

圧倒的な現実を見せつけつつも、キャラクターはすごくシュールでぶっ飛んでて、この振れ幅がむっちゃ好きなんです。『デデデデ』は(『おやすみプンプン』もだけど)そのバランス感覚がすごくいい。『プンプン』以上に現実が重たくのしかかってくるし、おんたんかわいいしぶっ飛んでるしファンタジーだし、だからこそ、「『デデデデ』は浅野いにおの最高傑作(2014年現在)だ!」と(ネット上で)声高々と叫んでいるんです。いやもうほんとに今後に期待です。楽しみ。

とりあえず、門出とおんたんのLINEスタンプはよ。